2016年の化学反応式

2016年も世界ではたくさんの変化が起こりました。

ここでは、これらの変化(化学反応)をまとめていきたいと思います。

 

 

①PPAPの合成反応

2016年終盤に、ものすごい反応速度で世界中に広まった化学反応です。

P(ペン)、P(パイナップル)、A(アップル)、P(ペン)を順に合成していくことでPPAPを生成しました。

 

②SMAPの分裂反応

2016年の序盤から終盤にかけて、常に話題の中心にあった反応です。

週刊誌の情報を信じて、SMAPTK他4人に分裂という表記にさせていただきました。

再合成反応を期待しています。

 

③Brexit反応

世界的に非常に議論された反応です。

この反応により、EUからUKが分離しました。

EUは、不安定な状態となり、さらなる反応が起こる可能性が高まりました。

 

④アメリカの分裂反応

今年、もっとも世界を賑わせた反応です。

大国アメリカが共和党のトランプ支持と民主党のヒラリー・クリントン支持で、真っ二つに分かれてしまいました。

選挙が終わった今でも、アメリカ国民の心は二つに分断されています。

これからアメリカは、どう反応していくのでしょうか?

 

⑤「君の名は」現象

都会の男子高校生・と田舎の女子高生・三葉が入れ替わり反応という深海監督の渾身のストーリーに、RADWIMPSが音楽担当をしたことで、とてつもない映画が生まれました。

興行収入は、200億円を超え、主題歌の「前前前世」も大ヒットしました。

この反応エネルギーの大きさは、計り知れません。

 

⑥シン・ゴジラの核反応

日本が生んだ最強の特撮映画「ゴジラ」。

これに、エヴァンゲリオン・シリーズの制作者・庵野秀明監督のエッセンスが加わったことで、強力な核反応が引き起こされました。

 

⑦センテンス・スプリング燃焼

今年、一番最初に日本を席巻した反応です。

ゲスベッキーがくっついてセンテンス・スプリングが生成されたことをきっかけにして、2016年はゲスの炎が燃え続けました。

この手の反応は、有害物質が生成されやすいので、できるだけ避けたいですね。

 

⑧オリラジの再合成

かつて武勇伝で一世を風靡したオリエンタルラジオが、自分たちのネタにEDMの要素を加えることでアーティストとして再ブレイクしました。

紅白では、いったいどんなパーフェクトヒューマンが見れるのか楽しみです。

 

⑨ポケモン重合

ポケモンを実際に外で捕まえる。

そんな夢を可能にしてくれたのは、スマートフォンでした。

サービス開始当時の熱狂ぶりは、ものすごかったですね。

 

10. オリンピック付加

リオ・オリンピック閉会式、次回大会の開催地である東京のショーの中で、安倍首相がやってくれました。

赤い帽子を被って、マリオに変身して地球の反対側まで移動。

在任中にゲームのキャラクターになった首相って、他にいるのでしょうか?

東京オリンピックでは、どんなパフォーマンスで楽しませてくれるのか、今から待ち遠しいです。

 

 

2017年は、いったいどんな反応が起こるのでしょう?

素敵な化学反応がいっぱい起こることを願います!

2016年の化学反応式

研究成果 |

CAPTCHA


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>